RAIDがリビルド出来ない?そんなトラブルにお答えします。
データ復旧イメージ
  • HOME
  • ハードウェアを使用したRAID1構成のデータ復旧

ハードウェアを使用したRAID1構成のデータ復旧

ハードディスクをRAID構成によって運用すれば、万が一の故障に備える事が出来ます。

複数のハードディスクを同時に利用するため、1台が壊れてもデータ復旧する事が可能だからです。


RAID構成には様々なタイプが存在しており、メリットとデメリットがあります。

それを理解した上で適切なRAID構成を構築する事が大切です。

RAID構成を構築する時に最も用いられる手段は、専用のハードウェアを購入する事だと言われています。

専用のハードウェアにハードディスクをセットするだけでRAID構成を構築出来るため、技術的な知識が乏しくても実装可能です。



■最も人気があるのはRAID1構成

データの保守性を考慮してRAID構成を作り上げる場合には、RAID1構成が人気だと言われています。

RAID1構成で準備するハードディスクの数は2台なので、出費額を小さくする上でも効果的です。

最近では一般的な家電量販店でもRAID1構成のデバイスが、ハードディスクと一緒に販売されています。

専門ショップへ行かなくても入手出来るのは、RAID1構成の認知度が上昇しているからです。


■RAID1構成のハードディスクが壊れた場合

RAID1構成に異常が見られた時は、専用デバイスが警告を発します。

専用デバイス本体にトラブルが発生した場合も同様です。

最も多いのはハードディスクの故障になります。


ミラーリングによって並行して書き込みが行われているハードディスクは、常に両方とも大きな負担を強いられているからです。

壊れたハードディスクはアクセス不可能になるため、新品と交換する事が求められます。

専用デバイスを用いている場合にはデータ復旧が簡単です。

最近のRAID1構成の専用デバイスは、最小限のコマンドでリビルドが実行されるようになっています。

新しいハードディスクへ交換してからリビルドを実行するボタンを押すだけです。


■早急にハードディスクのリビルドを実行すべき

ハードディスクに保存されているデータが貴重であれば、RAID1構成を構築する事には大きな意味があります。

しかし場合によってはリビルドが実行不可能になり、データ復旧が行えなくなる事もあり得るのです。

それはRAID1構成が1台のハードディスクの故障にしか対応出来ない理由に起因します。


並行してハードディスクへのデータ書き込みを行い、壊れた時にデータ複製をするというのがRAID1構成の仕組みです。

それはデータ複製をする時には片方のハードディスクが無事だから実現しています。

よって2台のハードディスクが壊れてしまうと、専用デバイスのボタンを押してもデータ復旧は不可能です。

それを避けるためには早急に新しいハードディスクを準備しなければなりません。

もしも2台とも故障してしまった場合、データを復旧するには専門業者に依頼する必要があります。


RAID復旧では日本データテクノロジーが有名です。


ページトップへ